専門医療機関の機能

  1. 専門的な知識を持つ医師(日本肝臓学会や日本消化器病学会の専門医等)による診断(活動度及び病期を含む)と治療方針の決定が行われていること。
  2. インターフェロンなどの抗ウイルス治療法を適切にできること。
  3. 肝がんの高危険群の同定と早期診断を適切に実施できること。

肝疾患診療連携拠点病院の事業・役割

上記専門医療機関の機能に加えて以下の機能を有する

  1. 医療情報の提供
  2. 沖縄県内の肝疾患の専門医療機関・かかりつけ医に関する情報の収集や提供
  3. 医療従事者や地域住民対象の研修会・講演会の開催、相談支援など
  4. 肝疾患の専門医療機関との協議の場の設定(肝疾患診療連携拠点病院連絡協議会)
  5. 肝がんに対する集学的治療が実施可能な体制の確保

沖縄県肝炎診療ネットワーク

沖縄県肝炎診療ネットワーク図

以上の事業を行う一環としてこのホームページを立ち上げました。
患者さんや御家族、医療従事者からの相談を受け付けるともに、肝疾患に関する一般的な情報提供、市民公開講座や講習会開催に関する情報を提供します。 沖縄県全体の肝疾患診療が向上することにより、できるだけ多くの患者さんの利益につながることを目標として、日本肝臓学会・日本消化器病学会の医師を中心に活動します。

肝疾患相談室担当医 前城 達次・新垣 伸吾・圓若 修一・星野 訓一・田端 そうへい
看 護 師 仲松 愛美・砂川 綾美・狩俣 愛理
専門事務員 宮平 昇子

肝疾患診療相談室へのお問い合わせ

tel.098-895-1144 / fax.098-895-1414

e-mail:info@kanzogenki.jp

お問合わせフォームはこちら

〈受付時間〉午前9時〜午後3時